PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京都までお散歩

昨日は思いのほか仕事が片付かず、寝たのは明るくなってから。
そういう理由で午前中はゆっくりしてました。
昼から確認すると、あの内容で全てOK,よくできましたということでした。
そうなってくると今日の昼からの予定が全く無くなり、ぽっかり空いてしまいました。
明日は夕方からゼファーの長いお留守番もあるので、今日はできればゼファーを遊びに連れて行ってあげたい。
しかし、我が家には車が無い。
そこで、だめもとでレンタカーが空いているか聞いてみると、明日の夕方までなら空いているというではないですか。
じゃあということでレンタカーを借りてとりあえず、京都の鴨川まで散歩に行って来ました。

しかし、京都市内まで行ってみるとどんよりと曇っています。

雨が心配

ゼファーや僕はなんせ「雨男」疑惑もあるので、ちょっと不安でした。
雲が出ているのと川沿いという事もあり、大阪よりも涼しく散歩ができそうでしたが、ゼファーにとってはどっちも暑いようであんまり歩いてくれません。
今日もツイッターでだだもれしながらの散歩になりましたが、ゼファーもみて「かわいい」と言ってくれるフォロワーさんもいるので、こんなのもありかもしれませんね。
なんせ夕方行ったので、暗くなってきた時点でUSTもゼファーの散歩も終了しました。

ゼファーの散歩

その後は御飯を食べて帰るか、それとも少しドライブするか悩みましたが、せっかくなのでちょっと宮津まで足を伸ばして「満天の星」でも見に行こうかということになりました。
せっかくデジイチを買ったのですから、星空でも撮ってみようと終わったわけです。
しかし途中で嫌な予感が・・・。
前回PLの花火大会の時に三脚とカメラをつなぐパーツを取り外し、机の上に置いてしまったことを思い出しました。
あの時に三脚につけとかないとなぁ~と思っていたままだったので、ひょっとしたら三脚にカメラが付きません。
まあ、途中まで来てしまったし、地面において真上の星でも撮ってみようということでとりあえず宮津方面に向かいました。
国道9号線から高速を乗り継いで、宮津についたのが10時半ぐらい。
途中で村の祭の花火大会にも遭遇し、ゼファーが一時大パニックになるもそれは小さい村の祭でしょぼい花火が上がっている音が聞こえているのは数分。
運悪く信号で止まってしまって、数発花火があがりましたが、なんとかなだめて落ち着いてもらいました。

そこから久美浜方面に車を走らせると「星空が見える丘」みたいな公園への標識を発見しました。
これは行くしかないでしょうと思って行って見るとなんと20時で閉園してました。 汗
しかし、入り口の前で車を止めて夜空を見上げると「満天の星空」が僕達を迎えてくれました。
たまに流れ星が流れたりして、短時間に3つほどの流れ星を見ました。
さっそく写真を撮ってみようと思いましたが、やっぱり三脚には金具が無く、あきらめてタオルを置いてその上にカメラを真上に向けて写真を何枚か撮ってみました。
しかし、ピントが合わず、あきらめました。
また、新月の時にトライしてみます。
それはさておき、天の川まで見えるぐらい星が綺麗で、たまにはこんなドライブもありだなぁ~とよめさんといいながらこの場を後にしました。
その間、ゼファーは早く帰ろうとワイワイ言ってましたが、結局先に車に乗ってくつろいでいました。
真っ暗なのが嫌みたいでした。

12時を回っていましたが、久美浜までいかずに済んだので高速にも早く乗れて、大阪に帰ってきたのが2時過ぎ。
写真は取り込んだのですがやっぱり全く撮れておらず。
心の中に残っただけでした。

夜中FC2のサイトに接続出来なくて、次の日に日記を書きました。

愛犬ゼファーのブログは、ランキングに参加しています。
ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村



↑いつもぽちぽちありがとうございます。みなさまの応援のおかげです。
関連記事

| ゼファーの日記 | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zephyrpapa.blog87.fc2.com/tb.php/1442-fa5b7fae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。