PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

iPhone はじめにやった事 WIFI接続の設定

昨日、iPhoneを買ったのですが、設定に時間がかかり、まだ使い物になりません。
昨日やったことを順番に書きます。

まずはiTunesとの同期。
iTumesで、iPhoneを管理できるらしいです。
まずはiTunesの最新版をiMacにインストール。
その後、ついてきたケーブルをつかってiPhoneをつなぐとiTunesと同期するか聞いてくるので右下の同期ボタンをクリック。

iTunesと同期

同期は数分から数秒で終わりました。
これで、iTunes終了です。

うちは、MobileMeというクラウドを使っているので、メールやブックマーク、アドレス帳とかは、そっちと同期しました。
(ここは一般的ではないので省略)

そして次は、WIFI接続のための設定に移りました。
無線LANがなくてもiMacやMacBookを無線LANの親機として使う事ができるので、とりあえずWIFI接続できるので便利です。
でも、iMacの電源が切れている時は、3G接続になってしまいます。
ということで、iMacでWIFI接続するための設定です。

システム環境設定

まずはシステム設定から共有を開きます。

共有設定

インターネット共有のチェックボックスのチェックを入れる前にAirMacの設定をしてました。
これで、iMacが親機になる設定です。

共有設定

共有する接続経路は「Ethernet」
AirMacのチェックボックスをチェックします。

次にAirMacオプションをクリックすると次の画面が出てきますので。

共有設定

ネットワーク名は適当な名前をつけます。
暗号化のところにチェックをいれてWEPキーの長さを指定します。
セキュリティーレベルは長いほうが高いので、気になる人は128ビットを選びましょう。
僕は40ビットにしました。
そして適当なパスワードを設定します。
これは後でiPhone側でも入力しないといけないのでメモを取る等して覚えておきましょう。
初めから覚えやすいものでも大丈夫ですが、ぞろ目とかは一応やめといたほうがいいでしょう。
最後にOKを押します。

パスワード

僕は今までAirMacは使っていなかったので入にしなさいというメッセージが表示されました。
切になっている人はここで入にしてください。

AirMac

これで右上に無線LAN状態であるこんなマークが表示されればMac側は完了です。
無線LAN状態




次にiPhone側の設定です。

まず、設定をタップします。

メニュー画面

設定画面の上から2番目が「WIFI」なのでタップします。

設定画面

このときWIFIがオフであればスライドさせてオンにします。

すると自動的にワイヤレスネットワークの検索を始めます。

ワイヤレスネットワーク検索中

先ほどMac側で適当な名前にした設定が表示されるので選んで先ほど決めたパスワードを入力し、右下の「Join」をタップします。

すると

ワイヤレス設定終了

上の「3G」という表示がWIFI接続を示すマークに変わり、真ん中の選んだWIFI接続名の前にチェックが入りました。
これでMacとiPhoneとのWIFI接続が完了になりました。

今後は、Macの電源がはいっていれば自動的に切り替わります。

昨日は、ここまで、iPhoneでも家の中のネットワークが使える状態まで頑張りました。
続きはまた近々。

<
関連記事

| iPhone | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zephyrpapa.blog87.fc2.com/tb.php/1297-24ff2389

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。